WordPress でホームページ制作を勧める理由

WordPressを利用する9つのメリット

1.WordPressは無料で利用できる

2.無料、有料のテーマ(テンプレート)を選択できる

3.カスタマイズの自由度が高く、有料無料問わず各種プラグインが充実

4.記事を書くだけであればHTMLやCSSなどのタグを知らなくても記事を更新できる

5.ブログだけではなく、企業ホームページやインスタグラムのようなポートフォリオサイトなども作成できる

6.複雑なプログラミング機能も簡単に導入できる

7.集客対策に強い

8.分からないことはネットで調べることが可能

9.サーバー側の規約に違反しない限り、出来上がったサイトを管理者に削除されるリスクがない

1.WordPressは無料で利用できる

WordPressは誰でも自由に利用可能なオープンソフトウェアです。

WordPressのシステム自体は無料で公式サイトやレンタルサーバーから配布されているため、WEBサーバーにインストールさえ出来れば、誰でも無料で自由に始めることが出来ます。

但し、WordPressの利用をするためにはサイト管理者自身でレンタルサーバーやドメインを取得する必要があるため、多少の費用が必要となってきます。ドメインやサーバーの種別によって異なりますが年間数千円から2万円程度(co.jpドメインは通例更新だけで1万円以上掛かります)が必要となります。どうしても無料がいいという方には難しいです。

2.無料、有料のテーマ(テンプレート)を選択できる

独自のデザインを選択できる「テーマ(日本ではテンプレートという言い方も割と一般的です)」という機能があります。自分の好みやサイトの目的に合ったテーマを選択して、簡単にサイトデザインの変更が可能です。テーマは無料、有料で配布されており、世界中のデザイナーが作成した膨大な数のテーマから選べます。また、テーマ制作者・販売者の規約によりますが有料で購入したテーマでもカスタマイズは原則自由です。拡張性の高さがWordPressの人気のある大きな要因でもあります。

3.カスタマイズの自由度が高く、有料無料問わず各種プラグインが充実

たとえば経営しているお店のサイトを作成する際に、お客さんから問い合わせを受け付ける「お問い合わせフォーム」の設置をしたいと考えたとしましょう。

もしWordPressではなく、アメブロやライブドアなどの無料ブログなどを使用していた場合、無料ブログ内では規約違反になるため、お問い合わせフォームを利用できません(勝手に設置した場合ブログ削除の恐れがあります)。可能な場合であっても外部のメールフォームサービスにリンクを貼る必要があります。

WordPressであれば、プラグインという、さまざまな機能を追加することができるツールが次々と開発されています。自分では作成できないメールフォームなどの複雑な機能も、プラグインを利用して手軽に導入できます。デザイン面だけでなく、機能面でもカスタマイズ性が高いのです。

ちなみに、プラグインとは、端的にいえば言えば「WordPressにより高度な機能を手軽に追加することができるツール」です。必要なプラグインについてはサイバームーンが設置設定いたします。なお、プラグインによってはサイトに悪影響を及ぼすものもあり、設置にあたっては注意する必要があります。WordPressの公式サイトに掲載されているものであれば大丈夫ですが信頼できる発行元のものを使用して、プラグインが緩衝してサイトに不具合が生じるときにはすぐに停止してください。

4.記事を書くだけであればHTMLやCSSなどのタグを知らなくても記事を更新できる

HTMLやCSSなどのサイトを構築するコンピューター言語を知らなくても、管理画面から無料ブログやFacebookを更新するのと同じように簡単に記事を投稿できます。

高度な商用サイトであれば、凝ったデザインの見出しを作るなど、多少のHTML、CSSの知識は必要ですが、情報発信型の個人のサイトであれば特に難しい知識がなくても問題なく利用できます。

5.ブログだけではなく、企業ホームページやインスタグラムのようなポートフォリオサイトなども作成できる

WordPressは一般的なブログだけでなく、企業サイトなどのホームページも作成できます。当サイバームーンのサイトもWordPressを利用して制作されています。

6.複雑なプログラミング機能も簡単に導入できる

JavaScriptやjQueryなどの複雑なプログラミング機能も、WordPressであれば簡単に追加できます。直接PHP内に記述も可能ですし、プラグインを導入することも可能です。

但し、こちらは相応のプログラミング能力が必要となりますので自信のない方にはお勧めいたしません。どうしてもの場合はプログラマーなどの専門家に依頼する必要があります。

7.集客対策に強い

集客にもさまざまな方法がありますが、その1つにSEO対策があります。SEO対策とは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」という意味で訳されています。ホームページのコンテンツがGoogleをはじめとした検索エンジンに評価されやすいように最適化をおこなう施策のことをいいます。

但し、WordPressを利用するだけでは、他のサイトよりも検索エンジンに高く評価されることにはなりません。ですが、Google が公式サイトでもアナウンスしているように、WordPressはSEOの手法の80~90%に対応するように開発されているともいわれております。ホームページビルダーなどで制作した、まったく対策していないホームページと比べると初めから検索エンジンに強い施策が施されているため、SEO対策にかける手間を大きく省けます。

ちなみに、Yoast SEO やAll in One SEO Packなど、SEO対策に効果的なプラグインも充実しています。はじめから効果の高いSEO対策を、省力化して効率的におこなえるのがWordPressの大きな特徴です。

8.分からないことはネットで調べることが可能

WordPressは国内CMSのうち80%を超えるシェアを占めていることもあり、多く利用者が日本国内にも存在しています。

公式のフォーラムをはじめ、ヤフー知恵袋や教えてgoo、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)にもスレッドがたくさん立っています。分からないときは気軽に聞けるというメリットがあります。

9.サーバー側の規約に違反しない限り、出来上がったサイトを管理者に削除されるリスクがない

WordPressは規約の厳しいアメブロやはてなブログなどの無料ブログとは異なり、ブログそのものをレンタルしているわけではありません。WordPressというツールは自分の所有物です。

そのため、レンタルWEBサーバーの規約や各種法令に違反しない限りは、基本的にはどのような内容のブログやホームページでも削除されるリスクはありません。

ちなみに、アダルトサイトもWordPressでのサイト制作は可能ですがサーバー会社によってはアダルト利用は規約により禁止されている場合がありますのでそういったサイトを制作する場合はサーバー会社の規約をよく確かめる必要があります。